お盆は続くよ どこまでも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

8月と言えば お盆 です

世間では会社も学校も皆お休み!

家族そろって里帰り、あるいはバカンスにと、日本列島は大移動の最中。

私たち僧侶は、檀家様や信者様のお宅を駆け回っております。

 

若い頃はさほど思わなかったのですが、最近は 特に体力の限界を感じていて、「今年は最後まで体がもつやろうか?」と、悲観的に考えてしまいます。

体だけではなく、自慢の声までもが保たなくなってきて、最近では、いつもの声量の三分の二くらいに落としてお参りをしております。

 

この時期、普段のお参りと違うのは、目に入るお坊様の数。

意識せずとも、信号待ちの交差点で、バイクに跨るお坊様を、必ずお見かけします。

「これだけのお坊様が、一体何処に隠れているのだろう?」

そう思うくらい、お会いする機会が増えるのです。

そして、みな一様に目が笑っていないのです。(これは私だけが思い込んでいるのか?)

 

「みんな大変やなぁ」

“自分だけじゃないんだ…” そう感じると、「よっ!ご同輩!お互い頑張りましょうな!」と、心の中でエールを送り、次のお宅へと向かいます。

 

年に一度、この荒行とも思える時期を越し、地蔵盆を迎えて、お盆の一連の行事はピリオドが打たれます。

「ああ、今年も何とかお盆が越せたぁ…」

スライム状態になった体で往く夏を思いながら、

「早よ息子に代替わりして、楽隠居しよ!」 そう心に誓うのです。

そういえば、ここ何年か毎年同じことを言ってるな。

「楽隠居」

この響きの良い言葉に勇気付けられ、今年もお盆に突入します。

布教師会のブログ

会長のつぶやきやさしく簡単”融通”の心得お子さまブログ ほとけのコトバ