やさしい雨音

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、外は雨が降っています。

私のお寺は大阪の郊外にあり、本堂の裏手には竹林があります。

少し早めに帰宅した本日は、窓ガラス越しに雨に打たれる竹林を眺めながら、椅子に座って読書をしていました。お気に入りは、藤沢周平の時代小説。

と… そこまでは良かったのですが、気が付くと本を下に落としてコックリコックリ。

 

「ザーザー」という雨音と「ざわざわ」という竹林の音が何とも気持ちよく耳に響いて、気がつけば心地よい微睡みの中に落ちていました。

 

人は常に様々な音を聴きながら生活をしています。それは耳に心地よく聞こえるものもあれば、やたら耳障りな音もあります。

今日のそれは、いわば「雨音の中にある静寂」とでも呼べばよいのでしょう。

一切のノイズを雨音と竹林の立てる音が消し去ってしまい、心の中に深い静寂をもたらしてくれました。

お金では決して買えない最高の贅沢!

そう考えると、目に見える贅沢に走りがちな私たちに、「もっと視野を広げなさい」と教えられてもいるようです。

 

晴れた日は日光浴を楽しみ

雨の日は雨音を聴き

風の日は風に舞う木の葉を追いかける…

 

そんな心のゆとりをもって生活をしたいものですね。

布教師会のブログ

会長のつぶやきやさしく簡単”融通”の心得お子さまブログ ほとけのコトバ