1番になるということ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、運動会や体育祭、今年は無事に開催できましたか?

そして、みんなといっしょに楽しめましたでしょうか?

優勝することや、1位になれることは、やっぱりとてもうれしいですね。

でも、想像してみてください。

もし、一人だけでの運動会だったら、どうなっていたでしょう?

たったひとりで校庭を走っても、競いあう人もいない、応援してくれる人もいない運動会。きっとつまらないでしょうね。

1番になるということは、2番3番の人がいてくれるからこそです。

みんなそれぞれに全力を出して頑張り、おたがいにたたえ合うことは、ひとりで生きているのではなく、みんなでおたがいをささえあい、励ましあい、おたがいの気持ちをつなぐ大切な時間なのです。

走るのが得意な人

泳ぐのが得意な人

歌うのか得意な人

料理を作るのが得意な人

計算をするのが得意な人

工作をするのが得意な人

ピアノを弾くのが得意な人

みんなそれぞれに、一番になれることがきっとあるでしょう。

そして、あなたにしかできない事もきっとあるはず。

気づいてほしいことは、自分を1番大切にできるのは自分自身ですが、まわりの人を大切にすることも、自分を大切にすることにつながるのです。

一番になっても、おたがいさまの気持ちは、いつも忘れないでくださいね。

みかえりを求めず こだわらない心

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

道路に落ちているゴミを拾って ちゃんとゴミ箱に捨てる

お年寄りの方が階段の上り下りで 大変そうならば手伝って差し上げる

落とし物を拾ったら 近くの交番に届ける

みんな どれもとても良いことです

しかしそれら良いことを 周りの人から 「ありがとう」と言ってもらうためにやっていませんか!?

例えば せっかくいいことをしたのに 「ありがとう」と言ってもらえなかったら あなたはおこったりしていませんか!?

何をするにでも 上から目線の「してあげる」ではなく 下からまわりを見上げるような「させていただく」という気持ちが大切なのです

なぜなら 良いことをして 「ありがとう」と言ってもらおうとする そのこだわりこそが あなたの苦しみの元なのです

正しいことは正しいと ありのままに行うのが 本当の良いこと(善行)なのです

「こだわらない」って ちょっとむつかしいですね

しあわせのもと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

手が使えず こまっている人がいます

足が使えず こまっている人がいます

お話しすることができず こまっている人がいます

そして目が見えず こまっている人がいます

さあ あなたはどうしますか!?

みんなが幸せになれるように おぼうさんからのお願いです

自分を大切にすることと同じくらい まわりの人も大切にしてください

なぜならこの気持ちが世界を平和にするからです

しあわせは みんなでわけあうことでふえますし

かなしみや苦しみは わかちあうことでかるくなります

たとえば

お家から出たゴミを 焼却場へ持っていってくれるのは誰でしょう!?

電車やバスを動かして 目的地まで連れて行ってくれるのは誰でしょう!?

スーパーに食べものがたくさん並ぶのは 誰のおかげでしょう!?

毎日気ずかないうちに たくさんの人に おせわになっています

ひとりだけでは出来ないけれど みんなで分担すればもっともっと 大きなことが出来るのです

誰もが「これだけは負けない」という気持ちでお仕事をしてくださっています

そのおかげで わたしたちは毎日を便利に暮らしていけるのです

おぼうさんも毎日手を合わせてお祈りをしています

生きている人の「おたがいさま」の気持ちと なくなられた方々の「おかげさま」 という ふたつの「ありがとう」の気持ちが途切れないようにしています

そしてこの大切なこころを みんなが忘れてしまわないように みなさんにお伝えしているのです

まわりからみると お祈りは意味がないようにみえます

でも お経を読んでいるあいだ 他人の悪口を言うことはありません

そして手を合わせている間 他人をきずつけることもありません

そのすがたに あなたにも気づいてほしいのです

自分の時間を まわりのひとのためにつかうことで たくさんのしあわせがうまれます

これが「しあわせのもと」なのです

そしてこの気持ちは 自分からすすんでつくるものです

こまっているひとたちのために さあ あなたはどうしますか!?

はじめての日を おぼえていますか!?(自利利他のこころ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

産まれてはじめてだっこしてもらった日のことを…

他にも「はじめて」がいっぱいありました

はじめておしゃべりできた日のことを

はじめて自分の足で立った日のことを

はじめて自分ひとりでおはしを使えるようになった日のことを

はじめてえんぴつで字を書いた日のことを

はじめてランドセルを背負って小学校に通った日のことを

はじめてお友達ができた日のことを

はじめてお手伝いをして みんなによろこんでもらえた日のことを

あの日あの時 あなたはかぞえきれないほど たくさんのよろこびとしあわせを経験してきたのです

しかも そのよろこびは あなただけではなく そばにいた まわりの人もいっしょによろこんでいたはずです

あなたができることで これからもまわりの人たちに よろこびとしあわせを「おすそわけ」し続けてください

そうすれば しあわせはずっとずーっと増え続け みんながしあわせになれるのです

そして もうひとつ大切なことは これらのしあわせを経験したくても 出来ずに苦しんでいる人たちがいることを 私たちはどんなときも忘れてはなりません

わるい人にならないように

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのそばに 悪いことをしても あやまってくれない人はいませんか!?

その悪いことをした人に「悪いことをしてしまった ごめんなさい」という気持ちがないと この人は自分からあやまることが出来ません

だから「わたしはわるくない」や「なにがわるいの?」と いいわけしてしまいます

これでは自分のことばかり考えて 相手の気持ちがいつまでたってもわかりません

よく考えてみましょう

どんな人も みんな心で生きています

もし あなたが「悪いことをした」と感じたら まずは相手に素直にあやまりましょう

本当に悪い人というのは 悪いことをしたことさえ自分ではわからない かわいそうな人なのです

悪いことをしたことが 自分でわからない人にならない様に 悪いことをしてしまっていないか 気をつけてみましょうね

でも…

だれしも まちがえることはあります

人のあやまちを責めないであげて下さい

やってみよう(精進のきもち)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

部屋のそうじをして キレイになったら気持ちいいね

ごはんを作って 食べてくれた人に「おいしい」と言ってもらえたらうれしいね

落とし物をひろって こまっている人を助けられたら気分がいいね

家族や友達 あなたを守ってくれる人と一緒にいると 安心して心地(ここち)いいね

自分が動いたり話したり そしてそばにいることで 人をしあわせにできるなんて とってもステキなことですね

何かひとつでもかまいません

まわりの人がよろこぶ事 あなたもやってみませんか

おぼうさんも みなさんが幸せになれるように 今日も仏様にお祈りいたします

くるしみのせかい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世の中には

歩きたくても歩けず 苦しんでいる人たちがいます

文字が書けずに苦しんでいる人たちがいます

文字を読み理解したくても 読めずに苦しんでいる人たちがいます

言葉が話せず 自分の気持ちを伝えられずに苦しんでいる人がいます

ご飯が食べられずに苦しんでいる人がいます

飲み物を口から飲めず のどがかわいて苦しんでいる人がいます

自分で服を着ることが出来ずに苦しんでいる人がいます

お風呂に入れず 苦しんでいる人がいます

電気が使えず 苦しんでいる人がいます

蛇口(じゃぐち)をひねっても 水が出ずに苦しんでいる人がいます

病気になっても お医者さんに診てもらえずに苦しんでいる人がいます

電車に乗れず 苦しんでいる人がいます

からだを動かすことが出来ないために トイレも行けず苦しんでいる人がいます

学校で勉強したくても 行けずに苦しんでいる人がいます

そして

元気に生きたくても生きられない人がいます

毎日苦しみにたえて 苦労している人たちがいることを あなたは考えたことがありますか!?

あなたは出来るのです

たくさんの苦しみを取り除く事が

そして

その苦しみを助けてあげる事が

身の回りにあるたくさんの「苦しみ」にどうか気づいてください

たくさんのおかげさま

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分で歩けるようになったのは 誰のおかげ!?

文字が書けるようになったのは 誰のおかげ!?

文字が読めるようになったのは 誰のおかげ!?

言葉が話せるようになったのは 誰のおかげ!?

一人でご飯が食べられるようになったのは 誰のおかげ!?

コップを使って飲み物を一人で飲めるようになったのは 誰のおかげ!?

一人で服を着ることができるようになったのは 誰のおかげ!?

一人でお風呂に入れるようになったのは 誰のおかげ!?

ほかにも

電気が使えるのは 誰のおかげ!?

蛇口をひねればお水が使えるのは 誰のおかげ!?

お医者さんに診てもらえるのは 誰のおかげ!?

電車に乗れるのは 誰のおかげ!?

トイレを使ったあとに水を流せるのは 誰のおかげ!?

学校に行って勉強出来るのは 誰のおかげ!?

そして一番大切なことは

人として生まれて来られたのは いったい誰のおかげでしょう

毎日手にしているその幸せが はたしてどこから来ているのか

あなたは考えたことがありますか!?

そして あなたは出来るのです

たくさんの幸せを作り出す事が

たくさんの悲しみを和らげる事が

目の前にある たくさんの「おかげさま」に どうか気づいてください

キレイにする努力を続けよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さん こんにちは
学校や幼稚園が 再開に向けて少しずつ動き出しましたね。
お友達と会うのも久しぶりでうれしい気持ちでいっぱいですね

さて今 図書館やスーパーなどの建物の入り口には 手指をきれいにするための消毒液がポンプに入れておいてありますね
この消毒ポンプやスプレー 中に入っているのはアルコールなどの バイ菌を殺菌するための液体です

では もしもこの消毒スプレーの中身が バイ菌で汚染されていたらどうでしょう
自分は この液体を手につけて しっかり手指を消毒しているつもりが 逆に手やゆびを汚してしまうことになりますね

実はこれと同じようなことが 私たちの身近にあります
それは言葉です
毎日使う言葉は 自分の思いを相手に伝える為に 口から音にして表現します
他人に汚い言葉を発するとき 汚い状態を頭の中に想像しているので このときのあなたの心は汚れています

逆に他人にキレイな言葉を投げかけるとき キレイな状態を頭に想像して言葉を浮かべるので このときのあなたの心は浄らかになっているのです

あなたが投げかけた汚い言葉によって 言われた人が傷ついて苦しむことになればあなたの心が汚いだけ無く 他人の心まで汚してしまっている事に気がつかなければなりません

私達は普段 毎日の生活の中で「自分は悪いことはしていない」と思っていても 実際には自分の気がつかないところで悪いことをしてしまっているものです
この気付けていないことが とても悪いことなのです

友達と仲良くすること 悪口を言わないことは当たり前と思っていても 自分の使う言葉や行動に いつも注意と努力をしていないと出来ないことなのです

あなたも消毒液を使うときには手指だけではなく 心も清らかになるように意識して毎日を過ごしてみて下さい そして他人には清らかな言葉を使い 自分の心も浄めてみませんか
キレイで 平和な世界のはじまりは あなたの心から作られるのです

みんなは「けんばん」 (一行一切行)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

学校に行けず 毎日を過ごしているみなさん 元気にしていますか!?

みなさんはピアノを見たこと さわったこと ひいたことはありますか!?

ドレミファソラシド…
ピアノは鍵盤(けんばん)を並べて 高い音から低い音まで たくさん音が出るようにした楽器です

もし低いファの音が出なかったり 高いレの音が出なかったり…
ドの音が出るはずの鍵盤(けんばん)を引いたら ミの音が出てしまったらどうでしょう

ピアノをいっしょうけんめいにひいても 音がでなかったり あべこべになったりしたら きれいな曲を演奏できませんよね

この世の中で過ごす私たち一人ひとりを ピアノの鍵盤(けんばん)に例えると
今 日本にやってきた新型コロナウイルスは、大事な鍵盤(けんばん)をうばい あちこちの音を出せなくしてしまうものです

いろんな音がすべてそろっているピアノと同じように 学校の先生がいたり 消防士さんがいたり そしてお巡りさんがいたり おいしいご飯をつくるお店の人がいたりと 私達の身の回りにいる 世の中でかつやくしている人たちが みんなそろうことで 生活している「まち」がなりたっているのです

今 学校に行くことができないみなさんは 友だちにも会えず とてもつらいですよね

でも もしみんながあちこちに出歩くことで もっともっとたくさんの人にこの病気が拡がってしまったら ピアノの鍵盤(けんばん)がなくなるのと同じように 大切な人たちがいなくなってしまったら それはもっとつらいことになりますよね

この病気が一日も早くなくなるためには みんなが互いにうつしたりうつされたりしないように 毎日しずかに生活することがとても大切ですし とても必要なことなのです

みなさんはお友達に会えないこともつらいでしょう
でも もしこの病気にかかり命を失ったら、もう二度と会えなくなるとしたら それはもっとつらいことになるのです

ゲームだったら何回でもやり直せますが あなたの命はたった一回きりなのです

家にいましょう!
そして病気のあらしや台風が過ぎ去るまでは できるだけ外に出ないで じっとすごしていてください

おぼうさんからもみなさんにおねがいしておきますね なるべく外にでないように!

布教師会のブログ

会長のつぶやきやさしく簡単”融通”の心得お子さまブログ ほとけのコトバ