人はつながることで世の中を発展させてきました。

 

電気は電線でつながっている。

 

水道は水道管でつながっている。

 

ガスもガス管でつながっている。

 

電話も電波や電線でつながっている。

 

電車は線路でつながっている。

 

テレビやラジオは放送局からつながっている。

 

スマートフォンもインターネットでつながっている。

 

学校の給食は、それを作っている給食室の栄養士さんとつながっている。

 

お腹の中の赤ちゃんは、お母さんとつながっている。

 

近所の人は町内会でつながっている。

 

お米や野菜などの食べ物は、それを作る農家の人のおかげでつながっている。

 

あらゆる生き物のいのちは、食物連鎖でつながっている。

 

それは、山の落ち葉の栄養が雨で川に流れ、海のプランクトンを増やし、それを食べる魚たちを増やしてつながっている。

 

そして私たちのいのちは、おとうさんおかあさんやおじいちゃんおばあちゃん、ご先祖代々のみなさんと、みんなのこころでつながっている。

 

新しいいのちが生まれることで世の中が未来につながっている。

 

ずっとずっと、つながりをたどっていくと、みんなみんな、つながっていることに気づきますね。

 

いろんなものや人がつながることのおかげで、しあわせがあふれているのですね。

 

あなたも身の回りのつながりを、さがしてみて下さいね。