桜吹雪

門前の桜の木の傍らに、老婦人が立っている。

夫の位牌を胸に、木を見上げ….

時折、風が吹き、

桜の花びらが、ひらひらと舞う。

老婦人の口が動いている。

何か話しかけられているようだった….

 

‘桜吹雪’と聞いて、私が一番に思い出す光景。

 

私がまだ、僧侶になりたてのころの話です。

ちょうど行われていた正伝法*が満行を迎え、

示し合わせたかのように、桜が満開だった。

少し前に夫を亡くされたその老婦人は、

夫の位牌と共に正伝法を受けられていた。

5日間の修行を終え、帰路に就かれたときのことである。

 

あれから何年が過ぎただろうか・・・

“散る桜 残る桜も 散る桜”

有名な良寛和尚の辞世の句です。

その老婦人の姿も、今はない。

私たちの一生は、桜の花のように儚く短い。

誰しも必ず、散って逝かなければならない。

 

しかし、その桜吹雪の光景は、ほんとうに美しかった。

花びらの舞う中、

そこには微笑み合う夫婦の姿が、確かにあった。

いつまでも色あせることなく、私のこころに残っている。

今年も、満開の桜を見上げ思い出す。

あの老婦人は、何と言われていたのだろうか?(光)

 

*正伝法・・・融通念仏宗において在家信者が、

真の仏弟子となるための5日ないし7日間の修行。

(撮影:脇坂実希)

紫金職

融通念佛宗において一年の間に執り行われる法要は幾つもあるが、とりわけ万部法要(5月1日~5日)、元祖忌(2月26日)、中祖忌(7月7日)、再興忌(3月5日)は多数の僧侶が出仕する特別な法要である。

続きを読む

お水取り

三月上旬、華厳宗大本山 東大寺二月堂では、お水取りの呼び名でも知られる「修二会」が執り行われます。

水取りや 籠り(こもり)の僧の 沓(くつ)のおと 松尾芭蕉

続きを読む

良忍上人

京都の奥座敷、大原に建つ三千院。

その塀沿いに、小川の流れに沿って坂道を上ること5分ほど。

少し寂れた山門が見えてくれば、そこが来迎院である。

続きを読む

冬の本堂

朝、畳の部屋から素足で木の床の廊下に足を下ろすとその時の気温がわかります。普段は何も思いませんが、5度を下回ると、床に足を乗せた瞬間に「今日は冷たいな」と感じます。私のお寺ではどんなに寒くても堂内が氷点下まで下がることはまずありません。

続きを読む

節分

節分とは読んで字の如く

季節の分け目と言う言葉です。

立春、立夏、立秋、立冬それぞれの前日を季節の分け目、節分と言いました。

続きを読む