父の日

6月の第3日曜日は「父の日」です。 

いつも融通歳時記をお読みくださっている皆さんには今さらの事かも知れませんよね。 

ですが、最近でこそテレビや様々な媒体で、目に留まったり耳にしたりすることが増えましたが、未だに6月の第2日曜日と勘違いをされる方がいらっしゃるようです。 

かく言う私もふとした時に間違えてしまうことがままあります。 

それはやはり5月第2日曜日の「母の日」の存在が大きいからではないでしょうか。

 

そういえば筆者が子供の頃は、小学校でも母の日に感謝の気持ちを込めてカーネーションをプレゼントすることは先生から習いましたが、父の日のことは全く習った覚えがありません。 

それもそのはず、父の日はアメリカ発祥で、1910年6月に初めて父の日の祭典が行われ、1966年に第36代大統領リンドン・ジョンソンが6月第3日曜日を「父の日」と定め、日本に導入されたのはその少し前の1950年代頃、さらに一般的に国内に広まったのは1980年代に入ってからと言われています。 

 

そんなわけで、筆者などは子供の頃には「父の日」など小学校で習った覚えもなく、「母の日」に対してなぜ「父の日」が無いのか不思議に思いながらも「家庭内での力学関係が作り上げたものだ。」と勝手に解釈しながら育った方も多いのでは? 

ですが、その起りのお話は素晴らしいお話です。 

アメリカにおける南北戦争の後、ソノラ・スマート・ドットというアメリカ人女性が、戦争から復員した父親が男手ひとつで6人の子供たちを育て上げ、末っ子であったソノラが「母を讃える日があるのなら父親を讃える日もあるべきだ。」と牧師協会へ嘆願したことが発端となったといいます。 

いずれにせよ、自分を育てて下さった両親に対して感謝の気持ちを忘れずにいることが、人としてのあるべき姿だと私は思います。 

 

そして、そのことを忘れずにいるために「父の日」、「母の日」があるのではないでしょうか。 

“ 父は照り 母は涙の露となり 同じ恵みに育つ撫子 ” (善) 

御帰院

新芽がまだ息吹かぬ寒き中 白い息残る3月初旬の御出光

万部法要前 木々には青々とした若葉が揺れ 過ぎれば道側の田に水輝る…

5月末 河内を巡った御本尊 本日無事に御帰院なされます

続きを読む

万部法要

風薫る5月。

若葉が燃え上がるように山々を黄緑色に色付け、見る者の眼をくぎ付けにする季節。大念佛寺では毎年の恒例行事である「万部法要」が執り行われた。

続きを読む

八尾の御回在

3月3日、御出光の河内御回在。 河内の市街地を回り、青葉が芽吹く4月下旬。 河内御回在は山場を迎える。

八尾市、恩智谷。

ここは河内でありながら連日坂道が続く難所である。

続きを読む

桜吹雪

門前の桜の木の傍らに、老婦人が立っている。

夫の位牌を胸に、木を見上げ….

続きを読む

紫金職

融通念佛宗において一年の間に執り行われる法要は幾つもあるが、とりわけ万部法要(5月1日~5日)、元祖忌(2月26日)、中祖忌(7月7日)、再興忌(3月5日)は多数の僧侶が出仕する特別な法要である。

続きを読む