「沁みる夜汽車」の物語

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

以前から気になるテレビ番組がありました

NHKBSプレミアムで放送されていた 「沁みる夜汽車」という番組

今はもう放送されていないと思いますが それをまとめた本は出ています

御存知の方もいらっしゃるかも知れませんが 鉄道にまつわる一人の人生を描いたドキュメンタリー番組で もちろん実話です

私は布教師をしている関係から お話の素材を探すために日々苦労をしておりますが その意味でこの番組は大変勉強になる番組でした

歳のせいか番組を見ていて涙腺が緩むこともあり その時々の主人公の人生が自分の心の中に沁み込んできます

出版された本のあとがきに 「乗っている人たち一人ひとりに 沁みる話があるんでしょうね」とありました… 

そうなんです! 私たち布教師はその沁みる話を読み取っていかなくてはいけないのです

人の心に沁みわたるお話というものは 上辺だけを見ているだけでは決してできるものではありません その意味でこの番組は 主人公の心の奥の襞まで描いてくれるので 大変勉強になるのです

人との出会い ひと言の重み それはその時には気が付かなくても 時がたって振り返った時に 必ず心のどこかに刻み込まれているものです

この番組は 私自身の記憶の中の忘れていた「大切な出会い」や「大切な言葉」を もう一度探し出してくれるのです

そして「一人ひとりに沁みる話がある」ということは 誰もが得難い体験や 人生を変えた言葉 出会いといったものを持っているということ その得難い経験に 私たちはどこまで気付き 自分のものとできているか!?

私自身 随分と無為に過ごしてきたように思えてなりません

まだ私が二十歳代のことだったと思います

今は亡き布教師の大先輩が 「沢田君 布教師にとって忘れてはならんことは 運心観法(うんしんかんぼう)やで 心を運んでそこに在る法をよく観なさい」と教えてくださったことがありました

その言葉は 今の私の座右の銘になっていますが それでも何も気づかずに素通りしてしまっていることがなんと多いことか

この「運心観法」こそが 心に沁みる経験を引き出す鍵なのです

そして この沁みる経験を重ねていくことこそ 人生が深まっていくということなのではないでしょうか!?

緊急事態宣言発令中のとある昼下がり 徒然なるままに…

布教師会のブログ

会長のつぶやきやさしく簡単”融通”の心得お子さまブログ ほとけのコトバ