確か今年の4月だったと思います

コロナ感染に揺れ ロックダウン中の英国民に向けて エリザベス女王がこうスピーチをされました

「再び会う」という言葉

コロナウイルスの脅威に 世界各国で移動を自粛し 日本国内においても移動の自粛 自宅勤務など外界との接触を極端に減らして 人と会わない生活が続くと 人間というものは何故か人恋しくなるものです

確かにモニター越しであれば ウェブ飲み会やテレビ会議など 直接会わなくてもお話をすることもできます

ですが やはり人間というものは温もりが欲しいのです

直接会って その人の体温を感じ 握手したり肩を抱き合って 実物を体で感じたいのです

人間には五感というものがあります

視覚 聴覚 嗅覚 味覚 触覚

前の二つは テレビモニターとスピーカーで感じる事もできるでしょう

ですが匂い・味・皮膚感覚は どうやっても直接触れなければ感じることはできません

人間はこの五感を通して 初めて正しく対象を認識できるのです

人間とは「人の間」と書きます

この「間」の妙こそが家庭を作り 地域を作り 社会を作り 国や世界を作っているのではないでしょうか

コロナウイルスによって人間社会が閉鎖されてしまい 「間」を正しく感じられなくなってしまった私たちにとって 最も渇望して止まなかったものこそ 「再び会う」「会って再び人間を正しく認識する」ということなのだと思います

折からコロナウイルス感染症の二回目のピークがやってきており しかも前回よりも多くの感染者が出てきている昨今 外出には細心の注意をすることは勿論ですが 不要な外出を控え 「もうちょっとの辛抱」と 希望を失わずに過ごして参りましょう

We will meet again.