御回在

肌寒くなってきました

これを書いている今、外気温は17℃。

室内もけっこう寒いです。

昨日は天候にも恵まれ、心地よく一日を過ごせましたが、今日は朝から雨が降り出しました。

 

雨が降り出す前にと思い、庭に植えているトマトを収穫に行ったのですが…

頃合いに赤くなった実を採ってみると“ショック!!!”

なんと そのうちの半分がナメクジに食べられているではありませんかっ!

心の中まで冷たい雨が降り出しそうになりました。

 

この時期(10月初旬)は、日中の気温と朝晩の気温差が大きいので、体調の維持が難しいです。

それでも負けじと“スッポンエキス”を飲みながら頑張っているのですが、雨で気温があまり上がらず。鬱陶しい空を見上げていると「もうすぐ寒い冬がやってくるんだなぁ…」と、心の中まで気温が低下してきそうです。どうやら、スッポンエキスも 心の中までは元気にはしてくれそうにありません。

 

そんな中、思わず心の中がほっこりするような出来事がありました。

昨日、本山の御回在にて、あるお宅に寄せていただいたとき、一人の幼子が待っていてくれました。

まだ2歳にもならない男の子が、若いお母さんの膝に座り私を迎えてくれたのです。

「もう何年前になるだろう…!?」

自分の子供たちが幼かった頃の事を思い出し、思わず「こっちへおいで!」と、自分の膝をたたいてその子を招いたところ、素直に私の膝に座ってくれたのです。

 

私以上に家族の方々が驚いておられました。

「初めての方に こんなに抵抗なく膝に座りに行くようなことは初めてです。」と お祖母さんがおっしゃっていました。

すぐに母親のところに戻ってしまいましたが、私の膝にはその子が残していった体温が、しっかりと残っていました。

幼子の心は、まるで仏様のような温もりを持っています。触れるものみんなに春の暖かさを与えてくれます。

それは、固く凍り付いた世界を春の日差しが溶かしていくように、固まった心を解し、本当の暖かさとは何かを教えてくれているようです。

「このお宅は、いま暖かい心に満ちているのだろうな。」

そんな思いで昨日一日を過ごさせてもらいました。

寒い冬を快く思わない日もありますが誰もが、暖かさが心に沁みる季節なんです。

 

寒くなるからこそ、本当の暖かさを見つけられる…

寒くなるのも良いものです。

ヒグラシの鳴き止む頃に

ヒグラシの鳴き止む頃に、大和御回在がスタート…

そのあとを足早に、秋のお彼岸が近づいてきます。

ただいまお彼岸の原稿に追われていますが、お盆の疲れを引きずって、頭が働いてくれません。

 

“Oh! Heavy!”

夏の猛暑を乗り切った体には、昼夜の寒暖差に耐えられる体力が残っていません。

毎日すっぽんの錠剤を飲みながら頑張っています。

あの頃の体力はいずこへ! 嘆いてもよしなしでございます。

 

そのような中、先日9月3日に我が融通念佛宗にとって大切な行事である、大和御回在が御出光(本山から出発)と相成りました。

御回在は、江戸時代より続く歴史ある行事で、御本尊が本宗の末寺、そして「在を回る」という字の如く、末寺お檀家を一軒一軒回るという珍しい行事であります。これは融通念佛宗のみが有する伝統行事です。

今年は3年に一度の‘山中入り’と云われる年に当たり、例年より六日早くスタートいたしました。

 

この様な離れ業が可能なのも、本宗が河内と大和、その周辺に末寺が集中しているという、特殊性のたまものであると云えるでしょう。

 

これを書いている前日が御出光で、唱導師である私を含む7人の僧侶と、4人の奉仕員(在家の方々)の合計11人で奈良県と三重県の境にある、三本松というところに行ってまいりました。

室生寺の近く、国道を挟んで南側に美しい川が流れ、山の斜面に沿うように集落がありました。

お勤めとはいえ、このような所に来ますと心が洗われます。

日曜日ということもあってか、普段離れて暮らしている息子さん夫婦や孫さんも帰ってこられ、家々では賑やかにお迎えしていただきました。

田んぼは稲刈りの時期を迎え、黄金色に実った稲穂が揺れる田んぼの隣には、もう刈り取られた田んぼがあり、その中をカンカンカン…と鐘を鳴らしながら歩く… 何とも長閑な風景の一部に溶け込んできました。

この後、9月の半ばには平群町、10月に入ると斑鳩町に鐘の音が響き渡ります。

どこかで私たちを見かけたら、是非手を振って下さいね。

そして、こう言ってください。

 

「すっぽんはもう飲まなくても大丈夫?!」

布教師会のブログ

会長のつぶやきやさしく簡単”融通”の心得お子さまブログ ほとけのコトバ