時節

「沁みる夜汽車」の物語

以前から気になるテレビ番組がありました

NHKBSプレミアムで放送されていた 「沁みる夜汽車」という番組

今はもう放送されていないと思いますが それをまとめた本は出ています

御存知の方もいらっしゃるかも知れませんが 鉄道にまつわる一人の人生を描いたドキュメンタリー番組で もちろん実話です

私は布教師をしている関係から お話の素材を探すために日々苦労をしておりますが その意味でこの番組は大変勉強になる番組でした

歳のせいか番組を見ていて涙腺が緩むこともあり その時々の主人公の人生が自分の心の中に沁み込んできます

出版された本のあとがきに 「乗っている人たち一人ひとりに 沁みる話があるんでしょうね」とありました… 

そうなんです! 私たち布教師はその沁みる話を読み取っていかなくてはいけないのです

人の心に沁みわたるお話というものは 上辺だけを見ているだけでは決してできるものではありません その意味でこの番組は 主人公の心の奥の襞まで描いてくれるので 大変勉強になるのです

人との出会い ひと言の重み それはその時には気が付かなくても 時がたって振り返った時に 必ず心のどこかに刻み込まれているものです

この番組は 私自身の記憶の中の忘れていた「大切な出会い」や「大切な言葉」を もう一度探し出してくれるのです

そして「一人ひとりに沁みる話がある」ということは 誰もが得難い体験や 人生を変えた言葉 出会いといったものを持っているということ その得難い経験に 私たちはどこまで気付き 自分のものとできているか!?

私自身 随分と無為に過ごしてきたように思えてなりません

まだ私が二十歳代のことだったと思います

今は亡き布教師の大先輩が 「沢田君 布教師にとって忘れてはならんことは 運心観法(うんしんかんぼう)やで 心を運んでそこに在る法をよく観なさい」と教えてくださったことがありました

その言葉は 今の私の座右の銘になっていますが それでも何も気づかずに素通りしてしまっていることがなんと多いことか

この「運心観法」こそが 心に沁みる経験を引き出す鍵なのです

そして この沁みる経験を重ねていくことこそ 人生が深まっていくということなのではないでしょうか!?

緊急事態宣言発令中のとある昼下がり 徒然なるままに…

今日は雨模様

本日は朝から雨です

そのためお墓でのお参りが一件延期になりました

午前中に今日予定のお参りも終わり 先ほど散髪に行ってきました

ぽっと空いた時間というのはうれしいものですね 今までやろうと思いながらできなかったことにも手を出すことができます

今日はこのあと調べものです

今 布教師会では布教手引書なるものを作成しており2年前にはその前半を完成させることができました

現在は後半部分 実はこちらのほうが量的に大きくなり大変な作業なのです それも何とか目途がつき始めてきました 何とか今年中に完成させたいと思っております

何と!

これを読みさえすれば布教師ではないお坊さんでも法話ができる! ようになれるかもしれない一冊です

それに関する調べものなのですが 私の頭の中の曖昧な記憶の中で 「確かあそこにあったはず…」の言葉を探す調べものです

それならこの「つぶやき」を後回しにして調べればよいのですが 元々こちらを先にしようと考えていたので 今これを書いています

雨 雨 雨… 落ち着きます

雨を嫌う方は結構多いですが 以前にも申し上げたかもしれませんが 私は雨音が好きです

雨音が日常の雑音を消してくれ 心が不思議と静まってきます

深い思索をするには雨の日が一番です

空が明るくなれば 「あぁ もうすぐ雨も上がるのかな!?」とか 暗くなれば「雨がきつくなるのかな!?」などと思いながら思索を続けます

先ほどから雨音が小さくなり だんだんと空が明るくなってきました

もうすぐ雨も止むのでしょう

コロナ禍で 気を病んでいる皆さん!

この病気だって いつの日にか普通の風邪と変わらないくらいに思える日がやってきます

止まない雨もなく いつまでも続くトンネルもないんです

こんな時だからこそ 雨音に心を落ち着けて 今の自分を見つめてみるのも良いのではないでしょうか!?

今回は取り留めのないつぶやきになってしまいました

ではまた次回!

山椒の葉が…

前回の続編です

先日 お寺の竹藪の中から山椒の苗を見つけて 植木鉢に植え替えたと申しました

元々山の土なので十分に肥えているとは思ったのですが おまけに堆肥を少々加えてやりました

あとで判ったのですが 同じくらいの山椒の苗が竹藪のいたる所に育っていました 

それらの苗はそのままそっとしておこうと思い 手を付けてはいません

昨夜 うちで採れたタケノコを使って家内が料理を作ってくれました

奇麗に盛り付けられたタケノコの上に山椒の葉が…

「これって…!?」

「植木鉢の山椒から取ってきた葉っぱ!」

やっぱり…

そりゃあ竹藪の中まで山椒を探しには行かないわなぁ

哀れ山椒の苗は 葉っぱを数枚ちぎり取られておりました

本心はもうちょっと育ってからにしてほしかったのですが 料理に盛られた肌色のタケノコの上に 緑の山椒の葉がなんとも美しく映え 「あぁ やっぱり旬のものには旬のものを添えないと」と 納得してしまいました

家内曰く 「折角あるんだから使わないと」

それもそうです

お寺から近くの山を眺めると 山肌が黄緑色に覆われて 新緑の季節が到来していることが手に取るようによくわかります

“花に浮かれた心を転換してくれるのが新緑である”

桜の開花に一喜一憂していた時期が過ぎ 若葉がやがて青葉へと成長する頃に タケノコ掘りに体力を使い果たしている私も 少しは元気になれるかな!?

山椒の木に小さな実が生るようになるのは もうちょっと先ですね

布教師会のブログ

会長のつぶやきやさしく簡単”融通”の心得お子さまブログ ほとけのコトバ