時節

明けましておめでとうございます

このブログをお読みの皆様、新年明けましておめでとうございます

 

「今年もよろしくお願い申し上げます」としたためたところで

突然ですが 眠い! 例えようもなく眠いです!

大晦日から元日にかけては ほぼ不眠状態で過ごします。還暦近い年齢にはこれは大変堪えます

 

私のお寺でも、恒例の 除夜の鐘つき がありますが、有り難いことに大勢の方がつきにこられます今年は外国からの留学生の方も3名やって来られました。恒例行事も 様変わり です

問題は百八つでは足らないこと。住職としてはこんなに嬉しいことは無いのですが、体がついていかなくなりつつあることを認めざるを得ません

 

元日は、朝から檀家様のお年賀を受け、午後3時になる頃には撃沈!

これを書いている今、2日の箱根駅伝2区の真っ最中です

 

この様な事をつぶやきながらも、私にとって除夜の鐘は、大好きな行事の一つです

様々な方が鐘をつきに来られ、ほんのわずかな時間の出会いであっても、その方々の思いが伝わってきます

 

「今年は受験生です」「20年ぶりに里帰りして つきに来ました」「昨年、長年連れ添った主人が亡くなりました」等々…

釣鐘の前に立って お参りの方々を迎えて

わずか数十秒の会話の中に、その方の 一年間の思い を受け止める…

僧侶としての務めの重さを、改めて実感する瞬間です

一言一言の言葉に込められた、その方の心に正面から向き合う

ただただ聞くだけであっても、そうすることで心の重みが少しでも軽くなれば、これ程嬉しいことはありません

 

「一期一会」

私たちの毎日は、一期一会の連続です。ほんの数秒の出会いであっても、大切にして生きて行くことが、豊かな人生を養ってくれるのです

 

私たち布教師の大先輩が残された句

 

人の世の 出会い嬉しや 法(のり)の道

旅路はるかに 光求めて

 

願わくは、皆様にとって今年一年が心豊かな年でありますように

栗ごはん

私のお寺には 栗の木が一本あります。

今年もたわわに実をつけて、触ると痛いけれども栗のイガが弾けて、今にも美味しそうな実とともに落ちてきそうに実っています。

でも難儀が一つ。この木が道路に面していること。大きく伸ばした枝が道路上にあること。そして、その枝に沢山実がなっていること。

先日からこの木を見上げるたびに、実が少なくなっていることに気づき、慌てて道路脇の土手のあたりを探すのですが、沢山落ちている”いがぐり″の中身はすでに空っぽ。

道行く方々が栗拾いをして、外側だけを残して帰って行かれるのです。(涙)

こればかりは私としても何とも言いようが無く、悲しい思いをしながらも、「これもお寺の功徳のおすそ分け…」と、自分に言い聞かせていました。

そんな時、とある檀家の奥さんが、「栗が沢山採れたから…」と、袋一杯の丸々と膨れた栗をおすそ分けしてくださったのです。

捨てる神あれば拾う神あり

いや、拾われる栗あれば頂ける栗あり

数日後、この栗は「栗ごはん」に姿を変えておりました。

丸々とした栗がいっぱい入った栗ごはん。

秋を味わう何よりのごちそうでした。

今から思えば、「うちの仏様も栗ごはんをお食べになりたかったのかな?」

いや、情けは人の為ならず。お寺に実った栗が、回りまわってお寺に戻ってきたのかも?

よしっ!

次は、道路わきに松の木を植えて松茸を… それはさすがに飛躍しすぎ!

ヒグラシの鳴き止む頃に

ヒグラシの鳴き止む頃に、大和御回在がスタート…

そのあとを足早に、秋のお彼岸が近づいてきます。

ただいまお彼岸の原稿に追われていますが、お盆の疲れを引きずって、頭が働いてくれません。

 

“Oh! Heavy!”

夏の猛暑を乗り切った体には、昼夜の寒暖差に耐えられる体力が残っていません。

毎日すっぽんの錠剤を飲みながら頑張っています。

あの頃の体力はいずこへ! 嘆いてもよしなしでございます。

 

そのような中、先日9月3日に我が融通念佛宗にとって大切な行事である、大和御回在が御出光(本山から出発)と相成りました。

御回在は、江戸時代より続く歴史ある行事で、御本尊が本宗の末寺、そして「在を回る」という字の如く、末寺お檀家を一軒一軒回るという珍しい行事であります。これは融通念佛宗のみが有する伝統行事です。

今年は3年に一度の‘山中入り’と云われる年に当たり、例年より六日早くスタートいたしました。

 

この様な離れ業が可能なのも、本宗が河内と大和、その周辺に末寺が集中しているという、特殊性のたまものであると云えるでしょう。

 

これを書いている前日が御出光で、唱導師である私を含む7人の僧侶と、4人の奉仕員(在家の方々)の合計11人で奈良県と三重県の境にある、三本松というところに行ってまいりました。

室生寺の近く、国道を挟んで南側に美しい川が流れ、山の斜面に沿うように集落がありました。

お勤めとはいえ、このような所に来ますと心が洗われます。

日曜日ということもあってか、普段離れて暮らしている息子さん夫婦や孫さんも帰ってこられ、家々では賑やかにお迎えしていただきました。

田んぼは稲刈りの時期を迎え、黄金色に実った稲穂が揺れる田んぼの隣には、もう刈り取られた田んぼがあり、その中をカンカンカン…と鐘を鳴らしながら歩く… 何とも長閑な風景の一部に溶け込んできました。

この後、9月の半ばには平群町、10月に入ると斑鳩町に鐘の音が響き渡ります。

どこかで私たちを見かけたら、是非手を振って下さいね。

そして、こう言ってください。

 

「すっぽんはもう飲まなくても大丈夫?!」

布教師会のブログ

会長のつぶやきやさしく簡単”融通”の心得お子さまブログ ほとけのコトバ