時節

喜びと苦しみ半分半分

不思議なもので何故か秋のお彼岸になると赤い花が景色に彩を添えてくれます

言わずと知れた曼殊沙華 私のお寺の近くでも10日ほど前から咲きだしました

お寺から見下ろす田んぼの景色は黄金色

たわわに実った稲穂は重たそうに大きく頭を垂れ… それでも何とか倒れずに立っています

「もうすぐ刈り入れだなぁ…」そんなことを考えながらもその畦道に真っ赤な曼殊沙華が彩を添え、黄色と赤のコントラストに「これが日本の原風景なんだ」ということを思い出させてくれます

この花が咲くと稲刈りももうすぐです

ただ時代の流れか私のお寺の周りも新興住宅の建設が進み田畑が次々に姿を消しています

あと10年もすればこんな素晴らしい風景も見られなくなってしまうかもしれません

 

その黄金色に実った稲穂の横を秋祭りの神輿が子どもたちを先頭にして「ワッショイ!ワッショイ!」と通り過ぎて行く光景はいつまでも残していきたいものです

 

ところが大変なことに今年は9月4日の台風21号でご神木が倒れそれが神社の社務所を半壊させてしまいました 今地元の大工さんが一生懸命修復の最中です

自然とは美しい姿を私たちに見せてくれると共に厳しい試練も与えるのだと改めて思い知らされました

 

昔から私たち日本人は四季の移ろいの中に自然を愛でる感性と厳しさに耐え忍ぶ心を培ってきました

自然の起こす現象には逆らいようがなく例えどんなに科学が発達して台風の進む向きを予測できても方向を変えたり消滅させることが出来ないように私たちは目の前に起こる現象をただじっと見ていることしかできないのです

 

自然を愛でるときは喜びの心自然に耐えるときは忍耐の心

人間が生きてゆくということはこの二つの心の繰り返しなのかも知れませんね

平成最後の秋に

ふと思えば この秋は「平成最後の秋」となってしまいます。

こんな書き方をすると 少しセンチメンタルな出だしになりますが、今年の秋はセンチメンタルどころか 災害に要注意の秋になりそうです。

 

今年は6月に大阪北部地震があり、その後は西日本豪雨に台風21号、北海道では震度7の地震もあり、もうこれくらいで落ち着いてくれれば良いと思うのですが、本当に要注意です。

 

一つの時代が終わりを迎えるたびに、天変地異が起こるのであれば、別に無理をして元号を変えなくても… なんて思ってしまいますよね。

 

実は今回の台風21号のおかげで、忘れていたことを一つ再認識いたしました。

 

それは“電気の有り難さ”です

 

9月4日 午前中はそれほどでもなかった風が、午後になると突然強風に変化し、2時頃になると本堂の雨戸を手で抑えないと 風で吹き飛ばされそうになってきました。

 

丁度その時 停電発生!

「なぁに すぐ復旧するさっ」なんてお気軽に考えていたところ、そのままずるずる翌朝の6時ころまで続いてしまいました。

 

久しぶりに味わう暗い夜…

 

蝋燭なら山ほどあるのですが、火の用心を考えると、あちこちに蝋燭をつけて回るのは抵抗がありますし、何より家の中が暑い!

加えて寺坊は「オール電化」の為、停電になってしまうと食事からお風呂まで、すべてが滞ってしまい、クーラーもストップ!

関電に連絡はつかないし、お腹も減ってきます。

 

「ええい、食べ物を買ってくる!」 そう言って 車を走らせました。

近くにあった カレーのチェーン店に飛び込んで 家族分を買って帰ったものの、この蒸し暑い家の中で、わざわざ汗が噴き出るような食べ物を 考えもなしに買って帰ったことに、家族からは白い眼で見られる羽目に

 

確かに 何も考えていませんでした。………反省……

 

改めて「今の生活」が 文明の蓄積によって成り立っていることを実感しました。

先人の知恵の蓄積の上に「今の文明」があり、生活を営む上でなくてならない「電気」が止まってしまうと、すべてが「停止」してしまうという根本的な処に、文明の弱点があることに気づかされました。

眼には見えない電気という代物。最初に発見した人はエライ!

そして それを実用化した人はもっとエライ!

そんな取り留めのないことを考えてしまう、秋の一夜です。

雲の流れに

雲が流れていきます…

 

夏の雲は モクモクして綿菓子のように

夏から秋へ… 季節が移り変わるこの時期は、少しやさしくなった風が ちぎれたような雲を流していきます。

 

人間とは面白いもので、カレンダーの日付から秋が近づいていることを確認する前に、五感によって 季節の移り変わりを感じるものなのですね。

 

あれほどワクワク感が募り、駆け出して行きたくなるような衝動を覚えた7月はすでに去り、8月もお盆が過ぎると、何となく心の行き場所が無くなって、孤独感を覚えるようになります。

最近では、小学校も二学期の始まりが 8月の終わりになり、昔のように8月末 ぎりぎりまで宿題に追われるような子供もいなくなったようです。

 

私のように あと数年で還暦を迎える年齢となっては、子どもたちも大学生以上となり、溌溂として バイトやクラブに出かける姿を眺めながら、「随分歳をとったものだなぁ…、あと何年したら楽隠居ができるやら」なんて考えてしまいます。

 

何処かで生まれた雲は、風に流されながら、発達と消滅を繰り返しますが、雲に自我は無く、風の向くまま流されて、消滅と同時に一生を終えます。

 

人は風に逆らいながら、自我の望む方角へと進もうとしますが、果たして、どれだけの人が望んだ道を歩み続けることができるのでしょう。

自分自身の半生を振り返ってみたとき、風に抗いながらも 結局はその風に流されて、今の立ち位置に立たされているように思えてなりません。

 

私にとっての風は、仏様の意思であったようにも思えます。と 言うことは、これから先も仏様の意思のままに、命が消滅するまで流されていくのでしょうね…

 

それもまた良し!

でも、多少の抵抗は試みるつもりであります。自分が自分の一生を歩ききったのだと胸をはるために。

どうも今日は取り留めのないことばかりが頭に浮かんできます。スミマセン!

布教師会のブログ

会長のつぶやきやさしく簡単”融通”の心得お子さまブログ ほとけのコトバ