時節

日本の梅雨

7月に入り 梅雨も後半に入ってきました

昔と違い 最近の梅雨は 後半になると何がしかの集中豪雨に見舞われ 日本各地が大きな災害を受けます

とりわけ九州は 毎年どこかで大災害が起こり 今年も熊本や鹿児島が大変なことになっています

災害に遭われた皆様には 心よりお見舞い申し上げます

私たちは家庭に居ながらにして その災害が起こっている光景を テレビやネットで見ることになるわけですが現在進行形で起こっている現実をこの目で見ながらも すぐそこへ駆けつけて手助けができないという現実に歯がゆい思いをしています

「ほどほど」という言葉がありますが 梅雨に降る雨は 本来「しとしと」と表現されるほど 最近の滝のような雨とは程遠い小雨が 「ほどほど」に降ってくれるものだと私は教わったように思います

7月と言えばそろそろ七夕

滝のような雨では 天の川も増水して 織姫と彦星も逢瀬を楽しむこともできないでしょうね

七夕に降る雨のことを「洒涙雨(さいるいう)」と呼ぶそうですが 一年に一度しか会えない二人が 雲に隠されて会えなくなって流す涙 或いは二人が別れを惜しんで流す涙という意味だそうです

その様にとらえると 滝のように降る涙(雨)からは この二人がかなりの情熱家なのだと言えなくもないです  この雨も 少しは風流に感じられましたでしょうか!?

憂鬱な雨も 心にちょっと工夫をして気分を変えていきましょう

今回もまた 取り留めのないお話になってしまいましたが いずれにせよ 早くこの憂鬱な季節が終わって 明るい日差しの中で暮らせるように祈っております

そして今年もお盆がやってくる!

5月のある一日

コロナに自宅で待機を余儀なくされておられる方、いかがお過ごしでしょうか?
僧侶である私も、お参りに出かけることが減り、自宅待機ならぬ自坊待機が増えました。

こんな時に何をするのか?
私のお寺には裏に竹藪があり、春にはタケノコがわんさかと上がってきます。以前にもお話ししたかもしれませんが、三月終わりから四月の終わりにかけて、タケノコを毎朝掘りに出かけ、檀家の皆さんに配って回ります。

五月に入ると、タケノコは上がっては来るものの種類が変わり、さほど美味しいものではなくなるので、今度は折って回らなくてはなりません。
このルーティンは二日ごと、そのあいだの日には、剪定鋏をもって竹藪に入り、伸びてきたその他の木々の枝を剪定していきます。竹藪とはいっても元々普通の裏山だったところに竹が侵食してきて現在の姿になったのです。

そんな訳で、五月の私は肉体労働者。今年は何故か毛虫が多くて、気を付けながらの作業になります。先日は足下近くでガサガサと音がしたので、見るとマムシが逃げていくところでした。長靴を履いているとはいえ、咬まれなくてよかったです。

で、本日はお昼から衣替えを始めました。
今年は残念ながら万部の練り供養は無くなりましたが、本山でも毎年万部が明ければ、御回在の衣は夏衣になります。
始めたのは良いのですが、朝の間の肉体労働がたたり、衣は自分でしたものの、普段の服などは、家内にほとんどすべて丸投げしてしまいました。

ここで、新発見!
最近の防虫剤というのは種類が増えて、なんと半年に一度タンスやクローゼットにスプレーするだけで洋服を守ってくれるという優れものがあるんですね!
家庭の環境にもよるとは思いますが、めんどくさがり屋の私にとっては何とも有り難い一品であります。
そして衣替えが終わると、お盆の経木塔婆を書きはじめるという、夏に向けた準備が始まります。

こうしてみると一年間、何がしか繋がってゆくものなのですね。自宅待機でもお仕事沢山、結構疲れます。

頑張れ!インド料理のお店

最近、私のお寺から車で五分くらい(歩いても20分位)のところに美味しいインド料理のお店が出来ました。
家内が興味津々で、先日(といっても3月下旬)二人で偵察がてら食事をしてきました。
味は期待通りで、とっても美味しかったです。大きな焼きたてのナンがgood!
インド人の方が経営してるみたいで、辛さも何段階かで選べます。

二人して十分に満足して帰宅しました。
ところが、コロナウイルス感染拡大を防ぐため、不要不急の外出は控えようとのお達しで、ここのところお店の前を車で通っても、お客さんがあまり入っておられない様子。
食べに入りたいのはやまやまですが、衣姿では少々目立ちすぎるので、涎を飲み込みながらそのまま通り過ぎています。

それを聞いた家内は「せっかく出来たばかりのお店が閉店になったら悲しすぎる!」などと、今月に入ってからお持ち帰りで注文をするようになりました。

何にしても、コロナウイルスのお陰で、世界中が活動を停止してしまったような昨今、自重することも勿論大事ではありますが、それでも頑張っている方々を何とか応援したいものです。

ささやかではありますが、我が家はカレーを食べて貢献いたします。
追伸 このお店のタンドリーチキンはスパイスがよく効いて旨いです!

布教師会のブログ

会長のつぶやきやさしく簡単”融通”の心得お子さまブログ ほとけのコトバ