ヒグラシの鳴き止む頃に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒグラシの鳴き止む頃に、大和御回在がスタート…

そのあとを足早に、秋のお彼岸が近づいてきます。

ただいまお彼岸の原稿に追われていますが、お盆の疲れを引きずって、頭が働いてくれません。

 

“Oh! Heavy!”

夏の猛暑を乗り切った体には、昼夜の寒暖差に耐えられる体力が残っていません。

毎日すっぽんの錠剤を飲みながら頑張っています。

あの頃の体力はいずこへ! 嘆いてもよしなしでございます。

 

そのような中、先日9月3日に我が融通念佛宗にとって大切な行事である、大和御回在が御出光(本山から出発)と相成りました。

御回在は、江戸時代より続く歴史ある行事で、御本尊が本宗の末寺、そして「在を回る」という字の如く、末寺お檀家を一軒一軒回るという珍しい行事であります。これは融通念佛宗のみが有する伝統行事です。

今年は3年に一度の‘山中入り’と云われる年に当たり、例年より六日早くスタートいたしました。

 

この様な離れ業が可能なのも、本宗が河内と大和、その周辺に末寺が集中しているという、特殊性のたまものであると云えるでしょう。

 

これを書いている前日が御出光で、唱導師である私を含む7人の僧侶と、4人の奉仕員(在家の方々)の合計11人で奈良県と三重県の境にある、三本松というところに行ってまいりました。

室生寺の近く、国道を挟んで南側に美しい川が流れ、山の斜面に沿うように集落がありました。

お勤めとはいえ、このような所に来ますと心が洗われます。

日曜日ということもあってか、普段離れて暮らしている息子さん夫婦や孫さんも帰ってこられ、家々では賑やかにお迎えしていただきました。

田んぼは稲刈りの時期を迎え、黄金色に実った稲穂が揺れる田んぼの隣には、もう刈り取られた田んぼがあり、その中をカンカンカン…と鐘を鳴らしながら歩く… 何とも長閑な風景の一部に溶け込んできました。

この後、9月の半ばには平群町、10月に入ると斑鳩町に鐘の音が響き渡ります。

どこかで私たちを見かけたら、是非手を振って下さいね。

そして、こう言ってください。

 

「すっぽんはもう飲まなくても大丈夫?!」

ヒグラシのなく頃に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏の早朝や夕暮れ時に、私のお寺のすぐ近くの山から

「カナカナカナ…」

という、もの悲しい声が聞こえてきました。

言わずと知れた“ヒグラシ”の声。

子供の頃は、この鳴き声を聞くだけで「長い夏休みが終わりやぁ…」と思っては、浮かれていた心に、何となく淋しさが込み上げてきたものでした。

都会ではクマゼミのやかましい声を耳にしても、ヒグラシの鳴き声が聞こえることはありません。

 

はるか遠くに過ぎ去った少年の日の思い出の中で、そっと鳴いてくれているだけなのでしょうか?!

季節の移り変わりには、人の心を動かす何かがあるように思います。

 

冬から春にかけては、何かしら希望めいたものが。

春から夏には、どこか浮かれたものが。

夏から秋にかけては淋しさが。

そして秋から冬には、どこかしら覚悟めいたものが。

 

時の移り変わり、季節の移り変わり は、ときに「見てはいるけど観えていない」事柄に気づかせてくれることがあります。これは人の眼を現実へと向けさせるもので、諸行無常の世を実感させるものであります。

 

「カナカナカナ…」という鳴き声ひとつに、仏の声を聴く。

まだまだ真夏の空を見上げ、かなり早い秋の到来を実感している今日この頃です。

一年一度の主役

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

忙しいお盆の最後の行事に 地蔵盆 であります。

私たち僧侶にとって、この地蔵盆が来ると、

「いよいよ夏が終わるなぁ」と、季節の終わりと云うよりは、夏の一大行事の終わりを実感します。

普段、境内の地蔵堂は簡素なもので、取り立てて飾ることはないのですが、地蔵盆の際には、堂内も綺麗に飾られ、多くのお供え物によって、ただでさえ狭い空間が一段と狭く感じられるようになります。

普段のお彼岸やお十夜、施餓鬼といった行事は本堂のみで行われ、お参りの方々も、地蔵堂の中まで目を向ける方はあまり居られません。

 

しかし、この日ばかりはお地蔵さまが主役!

お寺によっては、幼い子供さんたちが、沢山お参りをされて、賑やかに過ごされるようです。

私のお寺でも、地蔵堂には切り子灯篭が吊り下げられ、夕方七時からのお勤めには、それに灯る明りが何とも美しく見えます。

ただ、この吊るされた灯篭は、この年に初盆を迎えた家々から持ち寄られたものなのです。そして本番では、子供たち以外に、このお家の方々がお参りになられ、美しく灯った灯篭を眺めながら、亡くなった家族の思い出とともにしみじみと夏を送る行事なのです。

 

はしゃぎまわる子供たちの中で、静かに佇む方々に、

「これでお盆は終わりましたよ。お亡くなりになった方々も、またお浄土に戻っていかれましたよ。きっとまた来年の夏に会えますよ。」 …そう言葉をおかけせずにはいられない行事なんです。

お地蔵さまはただ黙って、一年一度の主役を務めておられます。しかしその慈眼には、大人も子供も隔てなく、ただ仏の子に過ぎない姿に映っていることでしょう。

子供には楽しみを… 淋しい親族には心の安らぎを… そっと与えていらっしゃいます。

 

布教師会のブログ

会長のつぶやきやさしく簡単”融通”の心得お子さまブログ ほとけのコトバ