中の島中央公会堂

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4月5日 大阪は中の島の中央公会堂にて「花まつり市民大会」が行われました
毎年 大阪市佛教会が中央公会堂において行っているイベントです

春爛漫
大川沿いの桜が満開となり 川には花見の屋形船(!?)が何艘も繰り出し お花見を楽しんでおられました
「船に揺られて花見も良いものだなぁ」
などと思いながら 公会堂に寄せていただきました

実に立派な建物です
歴史的にもそうですが あの何とも言えない重厚感! 
初めて寄せていただいたのですが この様な立派な建築物が大阪にあるということは 素晴らしいことだと思います
しかも現役! 外から眺めるだけじゃなく ちゃんと今でも使用されているところが素晴らしい

この日はここでお花まつり
お釈迦様がお生まれになった日が4月8日ということで 灌仏会を催されたのですが 今年は融通念佛宗の担当ということで 1教区法蔵寺の大東師が中心になって走り回っておられました
私はといえば 式典の最後に短い法話を頼まれ 安請け合いをしたものの これほどの規模になるとは思ってもいなかったので…

「ん~、今さら帰られへんわなぁ…」
頭が痛い お腹が痛い 家族にアクシデント…等々
色々な言い訳を考えて 逃げようかとも思ったのですが 用意していただいたお弁当を完食してしまった状況ではそれもできず 「大老連(大阪市老人クラブ連合会)」の幹部の方々を前にして 頑張ってまいりました

これほどの規模のホール(1300人程収容)となると 普段の寺院での布教と異なり 聴衆一人一人の表情が見えにくく お話の間合いが取り難いのではないかと心配しましたが 思ったよりも皆さんの反応が良かったので 気持ちよくお話が出来ました

お話しというものは 演者が一方的に話すのではなく キャッチボールなんですよ
聴衆が反応をして 初めて次の言葉を話すことが出来るのです
その意味で 実に気持ち良くお話が出来ました 皆様に感謝です

4月早々 貴重な体験をさせて頂きました
これから3年 布教師会会長の立場で引き続き頑張って参ります どうぞこれからもご支援の程よろしくお願い申し上げます

ところで 帰ってから家内に聞いたのですが ここのレストランのオムレツが大変美味しいとのこと この次は衣ではなく服を着てオムレツを食べに行きたいものです

今まで有難うございました そして…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いつも「会長のつぶやき」をお読みいただき有難うございます

布教師会の会長を仰せつかって3年…
3月の総会をもって 無事に任期を全うさせていただきました
これも頼りない私を支えてくださった理事の皆様 会員の皆様 そして何よりもこの「つぶやき」をご覧下さるすべての皆様のお陰と ここに厚くお礼申し上げます

ブログを始めた頃 「最低でも月に一度は更新!」などと 控えめに申しておりましたが、実際には 平均月二回の更新が叶いました
これも「最初のハードル設定が上手かったからだ」と 自分を褒めております

まぁ何事も「最初から無理なことはやらない」ということが 長持ちする秘訣であろうかと思います
イチロー選手が言われたように「いつもよりほんの少しの無理をする」この繰り返しが結果に繋がってくるのだろうと思います

と いうわけで… 「これを持ちまして、私の会長のつぶやきは終了とさせていただきます」となるはずだったのですが…
先日の総会で「まだやりかけの仕事が残っているだろう」と あと3年会長の職に留まることと相成りました
「面白くないぞぉ~!」「いつまでやってるぅ~!」というお声を サラリと左に受け流し 4月からはさらなるバージョンアップを目指して 「つぶやき」をスタートいたします
これまでと変わらぬお付き合い 宜しくお願い申し上げます

追伸、せっかくなので、少し私のお寺の宣伝をさせて頂きます。
平成31年4月6日(土)午後1時から「お花見コンサート」と題して、私の法話と、今回はマンドリンのコンサートを行います。

場所は交野市私市の松寶寺。小さなお寺ですが、マンドリン演奏者が22名も来られるということで、このままでは聴衆の方が少なくなってしまう恐れがあります。もし宜しければお気軽にお越しください。

人のつながりということ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日 一泊二日で函館に行って参りました
 
「なんと慌しい!」
…と おっしゃられるかも知れませんが こう見えても私忙しいのです
その昔 函館を日帰りで行かれたお坊様もおられるので その方よりは少しゆっくりです

それはさて置き 今回は ある方にお会いするのが一番の目的でした

その方とは…

函館自由市場にお店を構えるオッチャン!
「出会いは もう10年以上前のことになります」とはいっても 直接お会いした事はなく 年末 電話とファックスで お節料理用のカズノコなどを送ってもらったことが最初です
送料を入れても 値段はこちらで買うのとさほど変わらず
味ははるかに↑とくれば これは買わないわけにはまいりません
毎年 年末になると家内が電話をします

「オッチャーン! 今年もよろしく~!」

電話では 毎度のお馴染みさんになっているにもかかわらず まだ一度もお顔を見たことがない
いつも家内と「一度会いに行きたいね」と話していたのですが 願い叶って 今回の函館行きとなったのです

「ほんとに会いに来てくれたの~!」

もう無茶苦茶喜んで下さいました
他のお客様を放ったらかしに おしゃべりが止まらなくなってしまいました

お店の商品を「これが美味しい これも美味しい」
おすすめを買っていたら 店ごと買い取らないといけないくらいの勢いでした

最後には 並んで記念写真撮影
「もう大阪に帰っちゃうの? 今度はいつ来るの?」

ほんのわずかな時間ではあっても これ程喜んでいただけるとは思っていなかったので 私も家内も本当に喜び一杯で函館を後にしました。

今の時代はネットが全盛で 商品も画面を眺めてクリックするだけ 早ければ翌日には品物が届きます
でも よくよく考えてみれば 注文をするのも人間(ひと)なれば それを受けるのも人間(ひと)なんです
コンピュータというものが間に入っただけで 相手の顔も声も見えなくなり 気持ちのつながりが ぷっつりと途切れてしまいます
勿論、その方が良いとおっしゃる方もおられるでしょう
ですが 以前のように人の温もりまでが断たれてしまい それが本当に社会なのだと言えるのでしょうか!?

人と人の温もりが通い合ってこそ 繫がりは深まるのです
これからの世の中にこそ 人のつながりを深めて行くことが求められてくるのではないでしょうか

布教師会のブログ

会長のつぶやきやさしく簡単”融通”の心得お子さまブログ ほとけのコトバ