本山のお十夜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっと昔話を一つ と言っても30年ほど昔の話なんですが…

毎年11月14日は 総本山大念佛寺で「十夜法要」が行われます

私が布教師会に入らせていただいた頃は 現在と異なり 夕方5時からのお勤めでした

勤行やベテラン布教師によるお説教が三座あり10時過ぎからお参りの方々と小豆粥を頂きます

その頃は今よりもずっと寒く しかも夕方からの法要だったので いくらストーブを焚いても広すぎる本堂の中では全く効き目はありませんでした

お参りの方々もストーブの周りに集まって暖をとりながら それでも凍えるので 本山が用意した毛布にくるまって 手を合わせておられたことを覚えています

布教師会の末席に加わらせていただいて 自分以外の方々にビクビクとしていた頃の事 布教師会の部屋にいると緊張感に潰されそうになるので 本堂に座らせてもらうのですが こちらはこちらで寒さに苦しめられるという 自分の居場所を探すのに大変苦労をしていました

そして11時ごろからは 私のような布教師の卵に 本堂での一座が与えられるのです

持ち時間は一人30分 薄暗くて寒い本堂の中 それでもその中に数人の参拝者がおられました

今から思えば 本当に有り難いことです 寒さに凍える本堂の中 それも深夜に 私のような駆け出しの若造のお話を聴いてくださる方がいる 

「未熟者ではあっても 今夜この方々のために 自分にできる精一杯のお話をしよう」

そう誓って 一座を務めていました

今となっては良き思い出ではありますが その頃の経験が今の私のベースになっていることは間違いありません そして100人中99人が寝ていようとも たった一人の方が耳を傾けてくださっているなら その方のために全霊を傾けてお話をしようと心がけてきました

今の時代 自分を磨かせてもらえる場所をそっと提供してもらえるようなことは 随分と難しくなりました その意味で 現在の若手の布教師さんは可哀そうに思えますが どうか自分で勉強の場所を見つけて 努力を惜しまず進んでいただきたいと思います

まだ私が20代のぴちぴちの若者だった頃の懐かしい思い出でした

一匹の猿と家内

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


この時期になると思い出すことが一つ

もうかれこれ三年くらい前になるかと思います

朝 家内がお寺の裏手に洗濯物を干しに行ったと思ったら 慌てて帰ってきました

「猿がいてるっ!」

一瞬 何のことか理解できずに 「へっ?」

「猿、サル、さる~!」

「人の顔を見て 猿 サル 言うなっ!」

「違うねん 裏の柿の木に猿がいてるっ!」

とりあえず裏に行ってみると 確かに一匹の猿が 柿の木から美味しそうな実を一つ手に取って 逃げていくではありませんかっ!

見ているうちに 近くにあった電信柱に スルスルっとよじ登り 下で騒いでいる私たちを高みの見物

「さすが猿だけあって電柱に上るのは上手やな」

感心して眺めていると 私の横から家内が猿に向かって 「う~っ、う~っ」

「あんた何を言ってるの?」と言うよりも早く 電柱上の猿が 「ウッ、ウッ、ウッ」

「あぁ… 猿もちゃんと会話ができるんや… いやいやいや! あなた いつから猿と会話ができるようになったん?」

「いや 何か反応があるかなぁ~と思って」 私の家内は 面白い発想をする人ですその発想と行動が やや単調になりがちな家庭生活に 今までに無かった色合いをもたらしてくれました

「これは当分笑えるな」

猿はそのまま電線伝いに逃げていきましたが 一匹の猿にとった家内の行動に あらためて人間の生活の中には「一服の清涼剤がとても大切なんだ」ということに気付かされました

結婚して四半世紀は経ちましたが、私は全く退屈をしておりません

雨にも負けず、風にも負けず、地震にも…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎年この季節が来ると、心がソワソワしだします

近くの神社の秋祭り

今年は六月の地震に始まり、七月の大雨、九月は台風21号と、本当に自然災害の多い年でした これをお読みの皆様のところでは、大事なかったでしょうか!?

私のお寺も地震で少なからぬ被害を受け、未だに修復がなっていません。近くの神社に至っては、台風21号の風によりご神木が倒れ、何と社務所の屋根が大破しました 今は大急ぎで屋根の修復がなされています

それでも有難いことに、稲穂はたわわに実をつけ、刈り入れが始まりました

農家にとっては、猛威を振るった雨も風も、すべてはこの収穫の良し悪しで清算されるのです 今年の実りはどうなのでしょう…!?

この秋祭りは、その実りへの感謝を込めて執り行われるのです

私の村では小学生はだんじりに乗せてもらえることから、子供の頃は、誰よりも早く乗り込んで、友達と競って、一番いい場所を確保しようとしていました

今となっては良き思い出ですが、その頃のワクワク感が今でも残っていて、この季節が来るたびに、心が落ち着かなくなるのです

本当は、地車を引っ張りたいのですが、さすがにお坊さんとしては躊躇があり、毎年見学だけにしています

西洋では、ハロウィーンなるお祭りがこの時期に催されると聞いておりますが、これもまた実りへの感謝なのでしょう

どうも最近は、このハロウィーンの方が世間的に幅を利かせているように思えてなりません クリスマス、バレンタインに次ぐ第三の稼ぎ時!なのかも知れませんが、純粋な日本人としては、「がんばれ!秋祭り!」などと応援したいものです

大雨にも負けず、台風にも負けず、地震にも!そして、西洋文化にもかぶれることなく、進め!村のだんじり!

今回もまた取り留めのないつぶやきになってしまいました 反省

布教師会のブログ

会長のつぶやきやさしく簡単”融通”の心得お子さまブログ ほとけのコトバ