御帰院

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これを書いている前日(5月29日)、今年度河内御回在の千秋楽を迎えました。

御回在とは、御存知の方もおられるかと思いますが、私どもの宗派にとって最も大切な行事であり、1年の約半分の日程で続けられる行事であります。

これは、本山の御本尊が直接末寺の檀家に、それも一軒づつお参りして行くという、気の遠くなるような行事なのであります。

これは、融通念仏宗が、ほぼ大和と河内にしか末寺を持たないという特殊性のなせる業で、他の宗派では、本山から直接檀家参りをするなどという離れ業は不可能といってもよいでしょう。
総勢11人で回り、そのうち僧侶が7人(唱導師,目代、収納が各1名、僧中4名)、在家の方々(大和禅門講)が4名となっています。

この唱導師は、本山布教師のみが務めさせていただける役目で、管長様の名代として大変に名誉ある、そして重責のポジションであります。
昨日は、その河内御回在58日間の最後を締める日でありました。

歴史的なお話は、また別の機会にさせて頂きますが、実はこの御回在の初日(御出光)と最終日(御帰院)は布教師会長の役目であります。
とりわけ、御帰院には大勢の方々の出迎えを受け、大変晴れがましいのですが、最後に本堂で、集まられた方々にお礼の挨拶をするという緊張の極みが待っております。

今年で4年連続、毎回同じ挨拶をすることもできず、しかも出迎えの中に私の家内の姿まで混じっているではありませんか!

「やりにくいわ~・・・。」
まあ、何とか挨拶を終え、私の血圧は一気にダウンしました。

しかし、しばらくのお休みの後、9月の上旬からは、大和の御回在が始まります。
長年唱導師をしておりますと、一緒に回るメンバーが、少しづつ入れ替わり、若い顔ぶれが入っては、なじみの顔が引退する。自分だけがそのまま残っていくような、少しメランコリーな気分になったりもします。
果たして、何歳まで御本尊のお供ができるのか?
先のことは全く見えませんが、この重責だけはしっかりと果たしながら、会長職を全うしていきたいと思っております。

肝臓が… 来てます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

実は、先月の終わりに体調を崩してしまいました。
かかりつけのお医者さんで診てもらい、ついでに半年ぶりの血液検査もしてもらいました。
結論から申しますと、「肝臓きてますね!」
γ―GTPの値が、300をオーバーしておりました。

「おかしい!」
「そんな筈はない!」
「ここ二か月くらいは殆ど飲んでないのに!」
 
お医者様は、「他に思い当たることはありませんか?」
「ムムム… そういえば、ここのところお説教の原稿を書くために、頭の活性化の為と、甘いものをバクバク食べていました。」
「それですね。脂肪肝状態になりつつあります。」
と…いう訳で、しばらくの間、甘いものと脂っこいお肉、加えてアルコールの制限をすることになってしまいました。
ただ、有り難いことに、中性脂肪の値は高めではありますが、何とか基準値の範囲に収まっておりました。
 
辛いです…

ここの所、二月から毎月新しい原稿を書き上げております。今月も数日前に書き上げました。本当にネタが無くて、困っています。
小説ではないので、架空のお話という訳にはいかず、自分の体験や人との会話、読書の中からヒントをひねり出してくるのですが、その為には頭が活性化されてないと思い浮かんでも来ません。ついついチョコレートに手が伸びそうになるのです。
お話しの依頼を受けたときから、胃が痛くなります。布教師の宿命であります。飲めば一度で肝臓が真っ新になるような薬が有ればと願っております。
夢のようなお話しなので、当分はアルコールと糖分を断ちます。

すみません!今回は、私のボヤキになってしまいました。
そういえば、アニメの「銀魂」には「糖分」と書かれた額が掛かっていたような…

万部が終わって日が暮れて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これを書いている前日、本山での万部法要が無事五日間の日程を終了しました。

疲れました。
いや、布教師会の皆さん全員が良く働き、クタクタになっておられることと思います。
ここに改めて、布教師会の皆様のご協力に感謝いたしますと共に、厚くお礼申し上げます。
そして万部法要にお越しいただいた皆様、都合により本山にお参りできなかった皆様、また来年も仏縁を頼み、お会いできます事を祈念致しております。

さて今年は、十石布教師様の小学校に通われている息子さんが、山門に立って、一緒に災害義援金の勧募をして下さいました。
本当にうれしく、力強い思いを致しました。
「間違いなく、次の世代が育ってくれている!」
そう思うと、まだまだ私も彼が一人前になるまでは、「現役の布教師であり続けねば…」と、決意を新たにした次第です。

それにしても、時が経つのは早いものですね。まだまだ若手だという意識を持っているのに、気が付けば古株の仲間に入りつつある自分が嘘のようです。
ちょっと前までは、万部法要が終わっても、さほど疲れを感じなかったのですが、最近はヘロヘロです。

こういう時の復活の手段は…

そう打ち上げ!
明後日、打ち上げ会に行って参ります。

さかずきを乾すと書いて、「乾杯!」
きっと美味しいお酒でしょう!

布教師会のブログ

会長のつぶやきやさしく簡単”融通”の心得お子さまブログ ほとけのコトバ