花の応援団

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨夜、長男が大学のクラブ合宿から帰ってきました。

最近は、大学に入ってクラブ活動をする学生は‘少数派’と聞いたことがあるのですが、どうなんでしょう?!

 

息子は吹奏楽部でホルンを吹いています。

ただ、この吹奏楽部は「応援団吹奏楽部」で、恥ずかしながら私も、息子が入部するまで知らなかったのです。

息子に聞くと、応援団は「指導部」「吹奏楽部」「チアリーディング部」の三つから構成されているらしいんですね。

「指導部」は、言わずと知れた「学ラン」を身にまとった益荒男たちの部であります。

 

この応援団の合同合宿が、毎年8月末から1週間あり、昨夜ボロボロになった息子が帰って来ました。

ちなみに、これを書いている今(午後5時)も、部屋で撃沈されたままです。

最近見かけなくなった「漢(おとこ)」たちにしごかれまくり、精神を鍛えてもらえるということは素晴らしいことですが、かなり理不尽な扱いをOBから受けるのも確か…。

それでも私は、「男子は肉食系たるべし!」と、日ごろ考えているので、『漢』が少なくなった昨今

「応援団だけは頑張ってほしい!」と願っています。

 

そういえば、最近息子が「魁 男塾」という漫画にはまっています。

今から30年位前に少年ジャンプに掲載されていた漫画ですが、このままいけば、うちのお寺の次の住職は、かなり個性的な和尚になるかもしれません。

まっ それはそれで見てみてみたい気もしますが…。

ヒグラシの鳴き止む頃に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒグラシの鳴き止む頃に、大和御回在がスタート…

そのあとを足早に、秋のお彼岸が近づいてきます。

ただいまお彼岸の原稿に追われていますが、お盆の疲れを引きずって、頭が働いてくれません。

 

“Oh! Heavy!”

夏の猛暑を乗り切った体には、昼夜の寒暖差に耐えられる体力が残っていません。

毎日すっぽんの錠剤を飲みながら頑張っています。

あの頃の体力はいずこへ! 嘆いてもよしなしでございます。

 

そのような中、先日9月3日に我が融通念佛宗にとって大切な行事である、大和御回在が御出光(本山から出発)と相成りました。

御回在は、江戸時代より続く歴史ある行事で、御本尊が本宗の末寺、そして「在を回る」という字の如く、末寺お檀家を一軒一軒回るという珍しい行事であります。これは融通念佛宗のみが有する伝統行事です。

今年は3年に一度の‘山中入り’と云われる年に当たり、例年より六日早くスタートいたしました。

 

この様な離れ業が可能なのも、本宗が河内と大和、その周辺に末寺が集中しているという、特殊性のたまものであると云えるでしょう。

 

これを書いている前日が御出光で、唱導師である私を含む7人の僧侶と、4人の奉仕員(在家の方々)の合計11人で奈良県と三重県の境にある、三本松というところに行ってまいりました。

室生寺の近く、国道を挟んで南側に美しい川が流れ、山の斜面に沿うように集落がありました。

お勤めとはいえ、このような所に来ますと心が洗われます。

日曜日ということもあってか、普段離れて暮らしている息子さん夫婦や孫さんも帰ってこられ、家々では賑やかにお迎えしていただきました。

田んぼは稲刈りの時期を迎え、黄金色に実った稲穂が揺れる田んぼの隣には、もう刈り取られた田んぼがあり、その中をカンカンカン…と鐘を鳴らしながら歩く… 何とも長閑な風景の一部に溶け込んできました。

この後、9月の半ばには平群町、10月に入ると斑鳩町に鐘の音が響き渡ります。

どこかで私たちを見かけたら、是非手を振って下さいね。

そして、こう言ってください。

 

「すっぽんはもう飲まなくても大丈夫?!」

ヒグラシのなく頃に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏の早朝や夕暮れ時に、私のお寺のすぐ近くの山から

「カナカナカナ…」

という、もの悲しい声が聞こえてきました。

言わずと知れた“ヒグラシ”の声。

子供の頃は、この鳴き声を聞くだけで「長い夏休みが終わりやぁ…」と思っては、浮かれていた心に、何となく淋しさが込み上げてきたものでした。

都会ではクマゼミのやかましい声を耳にしても、ヒグラシの鳴き声が聞こえることはありません。

 

はるか遠くに過ぎ去った少年の日の思い出の中で、そっと鳴いてくれているだけなのでしょうか?!

季節の移り変わりには、人の心を動かす何かがあるように思います。

 

冬から春にかけては、何かしら希望めいたものが。

春から夏には、どこか浮かれたものが。

夏から秋にかけては淋しさが。

そして秋から冬には、どこかしら覚悟めいたものが。

 

時の移り変わり、季節の移り変わり は、ときに「見てはいるけど観えていない」事柄に気づかせてくれることがあります。これは人の眼を現実へと向けさせるもので、諸行無常の世を実感させるものであります。

 

「カナカナカナ…」という鳴き声ひとつに、仏の声を聴く。

まだまだ真夏の空を見上げ、かなり早い秋の到来を実感している今日この頃です。

布教師会のブログ

会長のつぶやきやさしく簡単”融通”の心得お子さまブログ ほとけのコトバ